• cbsync

内定承諾率アップ?に繋がる5つの手段

こんばんは!スナックたかこです。たかこブログ第二弾です!(わーい)

4月からCB部に異動になった私ですが、たくさんの採用周りの仕事をお任せされるようになってきました! その中でも、今日は新卒内定者から承諾をいただくために行なっている 5つの手段についてお伝えしたいと思います( ^∀^)

内定承諾をもらう≒ご契約をいただく

元々私は営業出身なので、内定承諾をご契約と同じように捉えています。 そして、入社までのフローを営業に例えてみました! いくつか細かいステップが抜けているとは思いますが、ざっくりこんな感じかな?と思います。

↓ <採用の場合> ①内定を出す ②内定承諾 ③入社(内定承諾書をもらう)

<営業の場合> ①商品提案する ②お客様が購買の意思を固める ③ご契約(書類を交わして、入金)

それぞれのステップを見比べてみて!!! どうでしょう?

実は、内定の段階って候補者の方が 他社に流れてしまう可能性も充分ある状態なのです(危険!

例えば、営業をかけられているお客様の立場になって考えてみてください。 もし、ご自身が保険に入ろうと思ったら、 1社だけに見積もりをお願いするでしょうか? いくつか見積もりを出して、一番金額や補償内容含め、「納得感」のある保険に加入したいと思いますよね。 それと同じく、候補者の方も納得感のある会社に入社したいと思うのは当たり前です。

そんな納得感を出すために、 内定を出してから、承諾をいただくために私が気をつけているのは、接触回数を増やすことなんですね、、、(ふへへ

接触回数を増やす

接触回数を増やすと一口にお伝えしましたが 要は、候補者と会社(担当者やオルトプラスに関わる全ての人)との触れ合う機会を増やすことを指します。 そして、主な接触方法は以下の通りです↓

①オファー面談 ②会食 ③電話 ④郵送 ⑤メール

次回のブログでは、これらの接触方法をどのように行なっているか 具体的にお伝えしたいと思います〜★ それでは、皆さん本日も楽しいのんべえナイトをお過ごしください( ^∀^) たかこでした!!

その他関連記事

こんにちは!オルトプラスCB部(コーポレートブランディング部)のやなぎです。2019年卒は、大卒求人倍率1.88倍、倍率7年連続上昇、38.1万人未充足と言われ、過去に見ない採用難の時代になっています。せっかく内定を出しても辞退されてしまう、、、そんな悲しい思... 内定後辞退を防ぐ!新卒オファー面談のススメ - CBplus

#アップ #5 #内定 #承諾 #手段

HRsync
  • Facebookの - ホワイト丸

© 2019 AltPlus Inc.