050-5306-8454

© 2019 AltPlus Inc.

  • cbsync

効果的な全体会議のために!~事業フェーズごとに変化する、全体会議の方法~

■全体会議って何?

みなさんこんにちは! コーポレートブランディング部、広報担当のさいまりです。

オルトプラスでは月1回、金曜日に「全体会議」を開いています。これは、150名以上の全従業員が集まって、会社の業績や、最近入社した新入社員の紹介、各事業部でどんなサービスを作っているかといった情報を共有するもの。

前月に優秀だった社員3人を表彰し、一人5万円を支給する「MVP」の発表もあります。

そしてそのあとは、社内のリラックスルームで立食パーティを開き、事業部や職種に関係なくみんなでワイワイ楽しく交流。普段は別の事業部で働いていて、話す機会がない人たちとも仲良くなれるということで、みんな楽しみにしているんです。

そんな全体会議、実はオルトプラスがまだ社員数20人ぐらいだったころからずっと続けている、伝統的な仕組みなんです。なぜ、オルトプラスが全体会議をしているのか。その効果は何なのか。創業当初から全体会議を運営してきた、COOの鵜川に聞いてみました!

■創業当初から全体会議を続けてきた理由

――早速なんですが、どうしてオルトプラスでは全体会議を毎月開いているんですか? 毎月ってけっこう多いような気がするんですが……。


――毎週! それはすごいですね。なぜそんなに頻繁だったのですか?


でも、メンバーが20人ぐらいになり、プロジェクトが2本、3本と増え始めたころから、ほかのプロジェクトメンバーが何を考えているかどんなトライアンドエラーをしているのか共有するために、週に1回、全体会議を始めたわけです。

――当時の全体会議ではどういうことをしていたんですか?


――当時の全体会議は、どのような効果があったんでしょうか?


■上場に向けた全体会議の意義

――その後オルトプラスはどんどん大きくなり、2013年には念願の上場を果たしたわけですが、その時期にはどういう全体会議をしていたんですか?


――当時はプロジェクト数もかなり増えていたのでは? 全体会議で各プロジェクトの発表をするのも大変そうですが……。


――たとえばどういう議題ですか?


――飲みながらだと、自由な発想が出そうですね!


――それはすごいですね。

■事業フェーズに応じて変化する、全体会議の意義

――オフィスが2か所に分かれたのもそのころですよね。拠点が複数あると、毎週全体会議をするのは難しくなりそうですが……。


――会議の内容はどんな感じでした?


――そして上場後、月に1度全体会議を行う現在の体制になったんですね~。事業フェーズによって、少しずつ全体会議のあり方も変わってきたと。


――ありがとうございました! 複数事業を持つ現在のオルトプラスで、全体会議をどのように実施しているのかについては、次回のインタビューで詳しく聞きたいと思います!

#ブランディング #全体会議 #全体 #コーポレートブランディング #企業ブランディング #企業広報 #方法 #会議 #会社 #フェーズ #事業 #変化 #オルトプラス

0回の閲覧