• cbsync

決めたらすぐ行動。バイタリティの源は仕事に対しての誇りだった (連載企画オフィスハッカーを探せ!)

前回記事では、松島さんのバックボーンや考え方についてご紹介をさせて頂きました。

前回記事では、松島さんのバックボーンについてご紹介させて頂きました。今回は、経営戦略から、営業、マーケティング、もちろんバックオフィスの業務もこなす、松島さんの仕事の取り組み方について深堀していきます。経営戦略、営業、マーケティングから、経... マルチタスクに大切なのは、お金の動きを把握すること (連載企画オフィスハッカー... - CBplus

今回は、そんな松島さんのバイタリティとバックオフィスというポジションに対しての思いを深掘ります。

法人立ち上げが決定した時点で、簿記の勉強をして資格取得

【内田】会社立ち上げの際、専門知識などが必要な仕事も多かったと思うのですが、誰か先輩がいたわけでもなく、どのように乗り越えたんですか?

【松島】そうですね、私は、もともと法人の立ち上げに携わる予定もバックオフィスを担当する予定もあったわけではないので、全くのゼロスタートだったのですが、

まず、法人の立ち上げに携わると決定した時点で、簿記の勉強をして資格をとりました。

【内田】す、すごい。

オフィスハッカー 渋都市 (シブシティ) 株式会社 代表取締役 松島やすこ 氏

プロフィール 大手キャリアコーポレートサイトでのWebディレクター職、大手メディアでの編集、広告運用、マーケティング職を経て、渋都市株式会社設立に関わり、2018年7月から代表取締役に就任。 現在は経営戦略、営業、Webマーケティング業務の受託ほか、ラッパー・舞台役者としての活動経験を生かしながら、MCなどの仕事もこなす。 https://twitter.com/yasco1candy

【内田】簿記をゼロから勉強するのは結構大変じゃなかったですか?

【松島】弁護士さんや会計士さんと関わる上で、多少の専門知識、専門用語などが必要になってくると思うのですが、さすがに全部ググるとかだとまずいので。笑

最低限のコミュニケーションは取れるように準備をしました。

私はバックオフィス業務をやることにコミットして入ってきた

【内田】取りたい資格や、欲しい知識があっても、なかなか自力で勉強を始めて資格を取るのには、かなりのバイタリティが必要になると思うのですが、松島さんのバイタリティの源はどこにあるんですか?

【松島】私は、幸い勉強が好きだったんですね。

ちょっと恥ずかしいんですけど、親が教育ママだったというのもあって、私は勉強をすることに対してはあまり抵抗感がありませんでした。

でもそれ以前に、私はバックオフィス的な業務をやることにコミットして集団に入って来ているわけで、

周りの人が映像を作ったり、クリエイティブな仕事をしているなかで、私の仕事は一見地味な仕事にあたるかもしれないけど、

自分のできることで周りに認めてもらって、自分の居場所、ポジションを確立するために努力しました。

【内田】(か、かっこいいな…)

【松島】私の友人で、事務職、データ入力などの一見地味に見える仕事をしている子で、回りからの見られ方を気にしているというか、

自分の仕事は大したことないって思っている子も何人かいるけれど、

本来はそうではなくて、そういう人 (バックオフィス) がいないと会社は回らない。

例えば、経理の人が領収証を締めてくれないと、給料は支払われないわけじゃないですか?

確かに一見地味だけど、すごい大切な仕事だと思うから、

それをみんなに理解してもらうためには、自分が勉強して、かみ砕いて彼らに説明できるようにならないといけないわけですから、

認めてもらって、理解してもらって、みんなで気持ちよく仕事がしたいというのが、モチベーションで勉強に励めたりします。

【内田】なるほど、自らの努力で理解を勝ち取るんですね。

▲松島氏がブランド運営を担う、アイドル・タレントの「ちゃんもも◎」のプロデュースブランド「Lola wed.」(ローラウェンズデー) のポップアップショップ

当たり前を当たり前にできる喜び

【内田】ざっくりな質問になるんですが、お仕事のやりがいって何ですか?

【松島】私は、バックオフィスは企業のベースラインだと思っているので、これが他の人にとって、やりがいと言えるかどうかは分からないけれど、

しっかり皆にお給料が払えて、外部の支払いもできて、入金も確認できた!

となればとても嬉しいです。

何度も言うように、ほんと一見地味なんですけど、本来当たり前に回っていることを、当たり前に回したと実感できる部分がとてもやりがいになっています。

【内田】深いですね。

【松島】あと、バックオフィス業務から得られる数字が、議論の材料や経営判断にとって役立つ瞬間は、ちゃんとコミットできているなと感じますね。

次回明日更新予定「すべてにオープンな組織でありたい。そう思う訳とは」に続く…

おまけ

松島さんの趣味はラップ。

中学生の頃から演劇をやっていて、ミュージカルに出演した際にラップをするシーンがあったのがきっかけで、始めたとのこと。

ラッパーYasco.としても活躍中。

▲ラッパーとしてフリースタイルバトルに出場する松島やすこ氏 ©Naruhiro Kasamo

#広報 #渋都市 #元カレ #渋家 #マルチタスク #行動 #ハッカー #デート #大切 #バックオフィス #タスク #コーポレートブランディング #人事 #マルチ #バイタリティ #お金 #バック #ラッパー #経理 #仕事 #クラブイベント #社内ブログ #松島やすこ #源 #オフィス #連載 #把握 #法人立ち上げ #請求書 #シブハウス #オフィスハッカー #企画 #シブシティ #経験

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

セミナー情報7月23日(火)18:00~「ベンチャー企業に必要な広報PR力とは?」

2019年7月23日(火)18:00、(株)カヤックLiving代表取締役/みずたまラボラトリー(株)代表取締役 松原佳代氏と、(株)ヤッホーブルーイング よなよなエール広め隊 ユニットディレクター 原 謙太郎氏をお招きして、ベンチャー企業向け広報PRセミナーを開催いたします! 既に、空席残りわずかとなりますので、皆様お誘い合わせの上是非ごお申し込み下さい! Peatix:https://peat

HRsync
  • Facebookの - ホワイト丸

© 2019 AltPlus Inc.